【スマホ1つで可能】在宅でできる副業!転売の仕事

悩める人

転売って聞いたことはあって興味はあるけど
何をしたら良いのかよくわからない・・・

運営者じぃ

わしはリユースショップ(中古商品)を運営する一部上場企業で月商1億円の地域を担当していた経験がある。
本記事では、リユース経験豊富のわしから転売について伝授する。

スマホ1つで、在宅でできる副業!転売の仕事

転売とは

転売とは、

「自分で買ってきたものを他人に売る」ことです。

しかし、当然ながら何も考えずに売り買いをしても儲かりません。

最大のポイント

安く買って、高く売る

基本的には、お店を経営する考え方と何ら変わりません。

例えば、コンビニのお弁当とかも500円で売っているお弁当の原価って大体100円くらいです。
100円で買った商品を500円で売って、「儲け」を出す。といったように転売もまったく同じシンプルな仕組みです。

転売はスマホ1つでできる

運営者じぃ

転売は、スマホ1つあればできるのじゃ。

なぜなら、転売の主な「仕入先」「販売先」である

  • アマゾン
  • 楽天
  • ヤフオク
  • メルカリ

こういったサイトやサービスは、すべてスマホ1つで利用可能だからです。

悩める人

でも転売って、目利きが必要で難しいんでしょ?

と思うかもしれませんが、

運営者じぃ

実際知ってみると超簡単なんじゃ。

1例を公開!2019年11月時点

例えば、2018年最も売れたいビジネス書の「お金2.0」

 

 

 

 

△アマゾンのマケプレだと、最安値111円(送料257円含めても368円)

 

 

 

 

これがヤフオクだと、800円とかで取引されています

これを転売して売れたとすると

売り値(800円)- 仕入れ値(368円)=432円(儲け)

となります。

しかし、問題は売れるかどうかです。
ただただ、仕入れて売れば良いわけではなく

当然ながら売れるものを仕入れないといけません。

売れるもの = どこかのサイトでは安く売っていて、どこかのサイトでは高く売っているもの

【徹底比較】転売に使えるおすすめサイトの特徴をまとめて紹介

売れるかどうかの決め手となる考え方=”価値”と”価格”

もしかすると「なんだそんなこと」と思うかもしれません。

“価値”と”価格”この2つを徹底的に追及していくことが物を売ることの最大の秘訣です。
人は買っても良いと思うその人の感じている”価値”とその商品の”価格”が合ったときに購入を決めます。

運営者じぃ

おぬしが買物をするときどんなことを考えて購入を決めるよく考えてみるのじゃ。
そこには必ず”価格”と”価値”の関係があるぞ。

例えば、お昼にコンビニに行ったらカップラーメンの新商品が出ていて思わず手にとってしまう。
購入する・しないを決めるときって何が決めてになるでしょうか。

  • ある人によっては、大好きなラーメンだから買う
  • またある人によっては、別に好きじゃないラーメンだから買わない

これは、その人が感じる”価値”です。

ただ、ラーメンが大好きな人にとっても

  • カップラーメンで300円は高い・・・
  • 300円なら買おう!

と分かれると思います。

運営者じぃ

これはその人が感じている“価値”に対して実際の”価格”が見合っているかどうか
この2つの関係が密接に関係しているからなんじゃ。

“価値”と”価格”の関係を学術的に説明しているサイトがありましたので参考までにご覧ください。

参考 価値と価格現場感でわかりやすく解説!自分で学べるリテールマーケティング

転売の最大のポイント「状態」

転売≒中古

もし、転売をこれからはじめようとすると多くの取り扱い商品は中古になるでしょう。
そうなったとき、最大のポイントは「状態」です。
なぜなら、「状態」の概念が大きく”価値”と”価格”に関わってくるからです。

一番わかりやすい例だと、ブックオフを思い浮かべてみてください。
本を買いにいったときに

  • この本はあまり綺麗じゃないけど100円なら買おう
  • 1,000円するのにこの状態ではやめよう

そんなふうに思ったことがある人も多いのではないでしょうか。
転売を行うときに主に使う「ヤフオク」や「メルカリ」のようなフリマサイトでは

“価値”と”価格”を見合ったものにしていくことが重要です。

まとめ

  • 転売では”価値”と”価格”の関係を考えることが最も重要
  • 中古商品において”価値”と”価格”を見合ったものにする最大の要素は「状態」
  • 「状態」を含めたその人が感じる”価値”と実際の”価格”がマッチしたときに物は売れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です